軽井沢町議会議員の新型コロナウイルス感染症感染について(議長から住民の皆さまへのメッセージ)

公開日 2021年1月1日

 

住民の皆さまへ 

 

 新型コロナウイルス感染症の発生により、私たちは未曽有の危機にさらされ、当町においても皆さまの生活に多大なる影響を及ぼすこととなりました。

 住民の皆さまにおかれましては、このような厳しい環境の中、「新しい生活様式」の徹底など、感染拡大防止にご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。

 また、医療現場などの最前線でご尽力いただいている皆さまには心から敬意を表する次第です。

 

 当議会では、昨年4月に危機対策室を立ち上げ、感染症拡大防止に向け町と連携・協力のもと対策を講じてまいりました。議会運営におきましても、会議時間の短縮、傍聴の制限、議場の飛沫防止用アクリル板の設置など、できる限りの対策を行っておりました。そのような中、昨年12月20日と23日に当町議会議員2名が新型コロナウイルス感染症に感染したことが公表され、皆さまには大変ご迷惑ご心配をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。今回私たちの仲間が感染したことにより、改めてこの新型コロナウイルス感染症は誰もが感染するものであることを痛感いたしました。

 今後は、従来の対策に加え、更なる感染予防策を講じながら、議会運営を進めてまいります。

 

 残念なことに全国では、陽性患者やその家族、関係者、医療従事者等への偏見、差別や誹謗中傷が生じている事例があります。皆さまには、国、県や町等が発表する公式な情報に基づき、冷静かつ思いやりのある行動をお願いするものであります。

 

 町議会では、引き続き新型コロナウイルス感染防止を図りながら、町との連携・協力のもと、皆さまの安全を確保し、安心して暮らしていただけるよう全力で取り組んでまいります。

 

 令和2年12月28日

 軽井沢町議会 議長 佐藤 敏明