議会の構成

2017年6月16日

軽井沢町議会

軽井沢町議会は、町民から選挙により選出された16人の議員(任期4年)で構成されています。

 

議長・副議長

議長・副議長は、議員の中から選挙により選ばれます。

 

常任委員会

常任委員会は、総務常任委員会、社会常任委員会、予算決算常任委員会、広報広聴常任委員会があります。議員は必ず本会議の審査機関として、総務常任委員会又は社会常任委員会のいずれかの委員会に所属しています。

 

常任委員会 仕事の内容
総務常任委員会 総合政策課・総務課・税務課・観光経済課・地域整備課・上下水道課・消防課・会計課、他の常任委員会の所管に属さない事務について審査
社会常任委員会 保健福祉課・住民課・環境課・軽井沢病院・教育委員会の所管に属する事項の審査
予算決算常任委員会 予算決算に関する事項の審査
広報広聴常任委員会 議会だより、議会誌の編集及び発行、その他議会の広報及び広聴活動全般について協議する

 

所管事務調査

総務常任委員会及び社会常任委員会では年間テーマ(調査事項)を設けて活動しています。各委員会の調査事項は下記のとおりです。

 

常任委員会 年間テーマ(調査事項)
総務常任委員会

(1)指定管理者制度について
(2)防災対策について
(3)空き家問題から考える都市計画について
(4)農業と観光の連携について

社会常任委員会

(1)通いの場について
(2)教育について
(3)軽井沢病院について

特別委員会

特別委員会は、その都度必要があるとき、議会の議決を得て設置されます。現在特別委員会は、議会活性化特別委員会(7名)が設置されています。

 

議会運営委員会

議会の会期や議事日程、議案、議員提出議案、請願・陳情、動議の取り扱い、議会関係の人事案件などを協議する議会運営委員会があります。