通年議会

2014年10月6日

軽井沢町議会は、平成22年3月から「通年議会」を試行し、平成23年1月から施行しています。

 

通年議会とは

今まで、町長の招集により、「年4回の定例議会(3, 6, 9, 12月)と必要に応じて臨時議会」を開催し、その都度開閉会をしていました。通年議会は、年初頭から会期を12月までの1回とし、その期間は議長の権限でいつでも議会を再開できます。

 

通年議会の導入

災害など緊急を要する事柄が発生した時に議会が再開できるので、審議の迅速化が図れます。また、会期中に制限されていた常任委員会の調査活動が必要に応じていつでも行えます。

 

議員活動

常に議会中であるため議員の活動と緊張感が高まり、議員の質の向上と議会の活性化が望めます。「通年議会」は議会改革の一環として導入したので、地域住民との連携などが強化されます。